ベランダとバルコニーの違い

よく住宅のチラシで、バルコニーやベランダという文字を見かけます

●24歳 女性

よく住宅のチラシで、バルコニーやベランダという文字を見かけます。何が違うのだろう、と疑問に思ったことはありませんか。
私はずっと同じものだと思っていました。

しかし、どうやら違ったようです。
簡単に2つの違いを言えば、屋根があるかないかだそうです。
ベランダとは、外に張り出した縁という考え方で、屋根があるタイプがベランダだと言われています。よく2階にあるとベランダと表記されているのは、屋根があるからなのです。
そしてバルコニーとは、屋根の無い建物から張り出した台、という考え方になっています。ベランダは共用部分なので、万が一の時のために、逃げ道を作っておいてください。それ以外は、自由にガーデニングを楽しんだりできます。
また屋根がついているので、洗濯物も干しやすいです。
どちらも良さがありますが、物件を探す際に役立ててください。また、自分がその空間で何をしたいのか、目的によって選び分けると良いでしょう。洗濯物を干したいのか、趣味に使いたいのか、考えてみてください。