ベランダとバルコニーの違い

ベランダとバルコニーの違い、私も気になったことがあります

●46歳 女性

ベランダとバルコニーの違い、私も気になったことがあります。
歌の歌詞にも時々出てくるバルコニー。ベランダとどう違うのかと、思っていました。
また、昔の文学作品、「風と共に去りぬ」に出てくる主人公の邸宅も、バルコニーがついていて、優雅な造りの建築でした。
思うに、これは私のイメージでしかないのですが、ベランダというのは、一般家庭の家屋に設置されている、洗濯ものを干したり、ガーデニングをしたりするもの。海辺のペンションや、大邸宅で園遊会やバーベキューなどを楽しみ、景観を見張らせるのがバルコニーだという、なんとなく、そのような使い分けをしてきたような気はします。
今、気になって、調べて見たところ、屋根がついたものがベランダであって、無いのがバルコニーだとのこと。バルコニーは本来、劇場でせり出した客席のことだったらしく、日本が独自に流用したのだとの記述もありました。
バルコニーがどことなく、ヨーロッパ調の雰囲気を帯びているのはそのせいかもしれません。