ベランダとバルコニーの違い

学校を卒業した後に

●31歳 女性

学校を卒業した後に、アパート等を探していた時、不動産屋さんでよくベランダありとか、バルコニーがあるといった表記を見ました。

同じ様な物件だったのですが、この二つが違っていて、何が違うのかちょっと分からなかったのを覚えています。結局気にせず、バルコニー付きの物件にしたのですが、後から調べたら、ベランダは屋根のある物です。
洗濯物とか干すのにちょうどいいです。
その当時は、仕事が忙しくて、洗濯物も洗濯物は部屋の中に干すことが多かったので、問題はなかったです。

一方バルコニーは、室外に張り出した屋根のない、手すり付きの台のことみたいです。
ほとんどが、下の階の屋根の上の部分に当たるようです。
そういえば、そういう形状のアパートも見たことがあると、納得した覚えがあります。住んでいた当時は、どちらでも良かったのですが。今はベランダがないと、洗濯物を干すのに不便です。

このたび念願叶って、新しく家を立てましたが、布団も干せるように、ベランダも広く取ってもらいました。
ベランダが広いと気分もいいです。