ベランダとバルコニーの違い

バルコニーと聞くと

●46歳 女性

バルコニーと聞くと、ロミオとジュリエットを連想してしまいますが、イメージ的には機能性よりデザイン性が高いように思います。方や、ベランダというと、一般的なマンションの洗濯物を干す場所という、生活感がにじみ出ているイメージがあります。
もっと細かくイメージ分けをしてみましょう。バルコニーは個室の窓辺に取り付けられていて、一人か二人しか立てないほどのスペースで、手すりには小花のバスケットが飾られているような雰囲気があります。ではベランダの方はどうかというと、マンションのリビングから出入りできて、主に洗濯物や布団を干したりするスペースが確保されていて、非常時には隣との境にあるボードを蹴破って逃げることができるところです。

実際には、屋根のあるのがベランダで、屋根がない小さく突き出した場所がバルコニーという違いがあるのだとか。やはり洗濯物を干せる・干せないは、大きな違いがあります。バルコニーしかない家だとしたら、きっと中のどこかに洗濯物を干す広いスペースが確保されていて、どこから見ても生活感のないおしゃれな家として、周囲から不思議がられるかもしれません。
私の実家は、ベランダもバルコニーもなくて、建設時から設計されていなかったそうです。
残念ながら洗濯物を干す部屋もなく、リビングや階段の上部に突っ張り棒を張って干しているという、お洒落どころか何か足りない家です。