ベランダとバルコニーの違い

まず、ベランダとバルコニーの違いって何か聞かれると

●42歳 男性

まず、ベランダとバルコニーの違いって何か聞かれると、正直答えに詰まってしまいます。
最初は、その面積の広さの違いで使い分けているのかと思っていたのですが、違うみたいです。
ベランダは、屋外の外に張り出した縁のことで、屋根のあるもの。雨でも洗濯物が干せるパターンの物で、バルコニーは室外に張り出した屋根のない手すり付きの台で、ほとんどが下の階の屋根の上の部分にあたる場所の場合のところを、バルコニーと言うそうです。

と言う事は、マンションの場合は大半がバルコニーと言う事になり、また一戸建ての場合は、ベランダと言う事になります。お洒落度的には、ベランダよりバルコニーというとお洒落な感じがするから、僕的にはバルコニーという方が好きです。

ちなみに僕が住んでいる家は、マンションの6階建ての6階で、屋根がないので完全にバルコニーと言う事になります。最近ではルーフバルコニーというのもありますが、これは下の階の屋根を上階の庭として使うもののことを言うらしくて、バルコニーより広い面積の場合の時に言うらしいです。