ベランダとバルコニーの違い

ベランダとバルコニーの違いはと問われたら

●53歳 女性

ベランダとバルコニーの違いはと問われたら、一瞬、「?」と思ってしまいます。
しかしロミオとジュリエットの、とても有名なバルコニーの場面が、もし仮にベランダの場面であったら、かなり趣が違うだろうなと想像し、違いが分かるような気がします。
ベランダは、頭の上に屋根があり、マンションなどでは、プランターで野菜を栽培などしている方が多いですし、子供さんが小さかったら、コルクなどを敷き詰めて、遊び場にしている方もいます。屋根がありますから、部屋の一部というほどではないけれど、活用方法はたくさんありと思います。
また、火災などの時には、お隣との間の薄い壁を突き破り避難する経路としての役割もあると思います。一方、バルコニーは西洋式なら、ロミオとジュリエットの愛の告白の場面が有名ですが、日本式なら屋根の上についている、物干しのイメージもあります。
昔、「時間ですよ」というドラマがありました。
登場人物が西洋式ならベランダ、日本の呼び方なら物干しでギターを弾いいて歌うのです。
面白いドラマでした。

余談ですが、友人から聞いた話では、ベランダもバルコニーも、家を建てた時の専有面積に含まれないそうで、大きなバルコニーやベランダがついている家を購入した方が、お得だそうです。