ベランダとバルコニーの違い

賃貸物件を探す時

●36歳 男性

賃貸物件を探す時、気にする項目の一つに、ベランダやバルコニーがあるかどうかということです。

しかし、冷静に考えてみると、ベランダとバルコニーの違いって、いったい何なのでしょうか。
もっとも大きな違いというのは、屋根があるかどうかです。
屋根があるのがベランダで、屋根がないものがバルコニーとなっております。マンションなどの場合、建物の外に張り出した屋根付きのスペースのことになります。その屋根というのは、上の階のベランダということになります。では、最上階の場合はベランダがないのかというと、ちゃんとベランダはありますので、安心してください。
一方、バルコニーの場合には、完全に建物の外にはみ出している部分のことです。
屋根はありません。上に屋根はないかもしれませんが、下に屋根がある場合があります。これはルーフバルコニーと呼ばれており、下の階の屋根を利用したものとなっております。
一般的に、ベランダよりもバルコニーのほうが広いです。